電気工事士虎の巻 ~ オールドルーキーが教える業界事情から試験対策まで ~

已むに已まれぬ事情で48歳で電気工事業界に入ったおっさんのつぶやき

【新米電気工事士の工具一式】その5:ペンインパクトドライバー、ビット

こんにちはorこんばんは、かんとなです。

 

おいらの腰道具、並びにポケットに入れているものをご紹介記事第5弾。

今回は電気工事士の工具の花形(?)、ペンインパクトドライバーです。

 

・ペンインパクトドライバー

電気工事士の工具は全体的に安く無いですが、中でも新米の時期にはちょっと痛い出費となるのがインパクトドライバー。

でも、これがあると無いとでは作業の捗り具合が全然違います。

 

また、高いところのネジを締めたり緩めたりするのにドライバーで手回ししてると、あっという間に腕がパンパンになってしまいます。

 

ペン型ではなく普通のインパクトドライバーの方がドリルやホルソーとしても使えるので良いのですが、流石に腰道具には入りません(笑)

 

グリップが手にしっくりきて重過ぎだと感じなければ、性能的には何処のメーカー(メジャーのはマキタ、日立、ボッシュ、パナソニックなど)のインパクトでも良いと思いますが、パナソニックだけは現場での評価が分かれます。

 

というのもドライバーのスイッチが、他のメーカーは上下に動くのですが、パナソニックは前後に動くからです。

f:id:tiger-roll:20181112131319j:image

スイッチを倒した方にビットが回るので、どっちに回してるかイメージしやすいというのがパナソニックを貶す人たちの意見。

慣れれば問題はないのですが……。

 

ちなみにおいらはパナソニックですが、特に困った事はないです。

 

あと、パナソニックは他のメーカーより少し重いようです。

軽いのが良ければマキタがベストではないかと。

格好つけたいならボッシュも良いですね(笑)

 

・ビット

ベッセル(VESSEL) ビットベルト BW-15

ベッセル(VESSEL) ビットベルト BW-15

 

 

ペンインパクトドライバーは、先端のビットを変えることで様々な用途がありますが、上記で触れたようにほとんどの機種はドリルやホルソーとして使えるほどのパワーはありません。

(ベニア板や石膏ボードくらいなら抜けますが)

 

なので、現場ではプラスとマイナスがあれば概ね事足ります。

安物で無ければ特にこだわる必要は無いと思いますが、予算に余裕があるならカムアウト低減を謳っているものが良いでしょう。

(カムアウトとはネジ頭からビットの先端が浮き上がって空回りすること。昨今のインパクトドライバーはトルクが強いのでカムアウトしやすいです)

f:id:tiger-roll:20181113124003j:image

カムアウト低減タイプのビット

 

また、マイナスのビットはプラスと比べれば確かに出番は少ないのですが、古い御宅の配線器具はマイナスネジが使われている事が意外とあります。

おいらもお伺いした御宅のスイッチボックスの長いビスがマイナスなのにその時プラスビットしか持っていなくて、マイナスドライバーを延々と回してウンザリした事があります(笑)

 

後はプラスは先端サイズがNo.2相当のものと、細めのスリムビットがあればオーケーです。

f:id:tiger-roll:20181113124103j:image

スリムビット

 

また、いわゆる「ネジが舐めた」時の為の特殊なビットもありますが、正直言ってあまり使えないです。

皿ネジの場合は諦めるしかありませんが、ネジ頭が出ていればペンチで掴んで回した方が早いことが殆どです(笑)