電気工事士虎の巻 ~ オールドルーキーが教える業界事情から試験対策まで ~

已むに已まれぬ事情で48歳で電気工事業界に入ったおっさんのつぶやき

【悲報】第1種電気工事士、技能試験を終えて(前編)

こんにちはorこんばんわ、かんとなです。

 

第1種電気工事士技能試験の練習に集中していてブログ更新をサボってましたが、本日12/8に試験を受けてまいりました。

(平成30年の1種の技能試験は12/8、12/9の両日に掛けて全国で実施されています。おいらは受験地が佐賀なので8日でした)

 

で、結果ですが、タイトルに【悲報】と書いてますんで予想はついてると思いますが、

 

盛 大 に や ら か し ま し た

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず、佐賀で出題されたのは公表問題のNo.7。

「三相高圧の変圧とCTおよび過電流継電器施設回路」でした。

 

f:id:tiger-roll:20181208213435j:image

(平成30年度の単線図)

 

全10問の公表問題中、唯一、高圧側で特殊な繋ぎ方をしなくてはなりませんが(No.10もVTで他と違いますが結線はV2V結線と同じ)見た目ほどには作業量は多くありません。

事前にKIP線の切り長さを把握しておけば、他の高圧側結線と大して違わないでしょう。

 

その下側の変圧器も、VVF2.0-3Cと接地線を所定の端子に突っ込むだけです。

 

しかし、このNo.7と8、そして10には制御用ビニル絶縁ビニルシースケーブル、いわゆるCVケーブルが出てきます。

(No.8は1箇所だけですが)

 

1種の実技も2種と同様、簡単または作業性の良い「当たり問題」と、やたら作業量が多かったり面倒くさかったりする「ハズレ問題」があります。

 

そして、おいらの個人的意見ですが、CVケーブルが絡むこの3問が1種のハズレ問題だと思います。

 

・おいらがCVケーブルがハズレだと思う理由

 

1)剥くのが死ぬほど面倒

まず、シースが丸いので電工受験者の最強便利ツールであるVVFケーブルストリッパが使えません。

HOZAN(ホーザン) VVFストリッパー P-958

HOZAN(ホーザン) VVFストリッパー P-958

 

なので、いちいちナイフorカッターでシースを剥くというクソ面倒くさい作業をしなくてはなりません。

 

まあ、これにはこういう便利グッズもあります。

デンサン ケーブルストリッパー ND-800

デンサン ケーブルストリッパー ND-800

 

また、実はCVケーブルはナイフで一周切り込みを入れてから何度か切れ目のところを折り曲げるとそこからパカっと割れるので、あとはシースを引っこ抜くだけです。

早い人はこの方法でストリッパを使うより早く剥けると思います。

 

しかし、CVケーブルはシースを剥いても、介在物の処理というそれ以上に面倒くさい工程が待っています。

 

心線の絶縁被覆にさえ傷をつけなければ介在物の切り取りが多少雑でも合否には影響しませんが、大幅な(またはモロに一本の)切り残しは欠陥ですので、やはり時間は掛かります。

 

No.8はともかくNo.7とNo.10はCVケーブルの箇所が多いので、この作業はなかなか大変だと思います。

(No.8は制御用IV線が出てくるので違う面倒くささがありますが)

 

そして、ようやく介在物を取り除いてもCVケーブルの呪い(!)は終わりません。

 

2)心線がより線

より線もVVFストリッパでは剥きにくいです。

やろうと思えば剥けないことはないですし、実際剥いている動画もYouTubeにありますが、減線(心線の一部を切ってしまうこと。もちろん欠陥)が怖いのであればより線ストリッパで剥かざるを得ません。

ベッセル(VESSEL) ワイヤーストリッパー より線C 3000C
 

(お財布に余裕があるなら、より線ストリッパは買っておいた方が良いです。接地線はほぼ間違いなくより線なので)

 

仮にVVFストリッパで剥くとしても、単線のように3本まとめてという訳にはいきませんので、ここでも時間が掛かってしまいます。

 

また、一種の技能試験の問題ではすべてにアウトレットボックス内での結線がありますが、CVケーブルの場合、その線もより線です。

 

そして、より線をリングスリーブで圧着するのは面倒くささMAXです。

2本ならまだ良いですが、3本になると通すのも大変ですし、万一、心線の一部が入ってなかったら欠陥で一発アウトです。

 

他にも細いより線は端子に留める時抜け易いとか、そもそも柔らかいので形を作りにくいとか、いろいろと面倒くさいです。

 

勿論、器用で全く気にならないという方もいらっしゃるでしょうが。

 

(長くなったので続きは明日)